中国は環太平洋経済連携協定( TPP)の利点や不利益、そして参加の可能性について検討すると表明 した。

中国商務省のウェブサイトに30日掲載された声明で、同省の沈丹陽 報道官は「慎重なリサーチを基にし、平等と相互利益の原則に従い、 TPPの利点と不利益、参加の可能性について分析する」とコメント。 「中国はTPP交渉について参加国との情報などの交換を望んでいる」 と説明した。

沈報道官によれば、「中国はTPP交渉を重視し、その進展を注意 深く見守ってきた」という。「中国はまた、TPPをめぐりさまざまな 省庁や業界の意見に継続して耳を傾けている」とも指摘した。

原題:China to Study Joining U.S.-Led Trade Accord After Japan Added(抜粋)

--取材協力:Li Liu.

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE