ミャンマー訪問中の安倍晋三首相 は26日、首都ネビドーでテイン・セイン大統領と会談し、対日債務を解 消する方針を表明した。ミャンマーのインフラ整備などを支援するた め、政府開発援助(ODA)も実施する。

同日発表した共同声明によると、両首脳は経済関係の強化のため、 投資協定の早期署名に向けた作業の加速化などで一致した。NHKによ ると、日本への支払いが滞っている債務のうち新たに2000億円を免除 し、およそ5000億円の債務を解消するほか、円借款と無償資金協力を合 わせて総額910億円のODAを今年度中に実施する。

--取材協力:広川高史、Mariko Ishikawa. Editor: 沖本健四郎

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE