東芝:今期純利益予想29%増、テレビ黒字化やメモリー好調で

データ記憶用半導体のフラッシュメ モリーで世界2位の東芝は今期(2014年3月期)純利益を前期比29%増 と予想している。テレビ事業の黒字化やメモリーの収益拡大を見込む。

8日発表の純利益予想は1000億円。ブルームバーグ・データによる アナリスト22人の予想平均1715億円を下回っている。営業利益見通しは 同34%増の2600億円で、市場予想は3464億円。売上高見通しは同5.2% 増の6兆1000億円。想定レートは1ドル=90円、1ユーロ=115円。

東芝は企業向けビジネスに注力する構造改革を進めており、中期経 営計画で来期の営業利益4500億円を目指している。佐々木則夫社長は6 月下旬の株主総会を経て退任し、後任には田中久雄副社長が昇格予定。

前期営業利益は同4.1%減の1943億円。8日付の日本経済新聞朝刊 が、ドル建てで部品を輸入しているテレビやパソコンの不調などから、 会社側の従来予想を下回る2000億円程度になったと先行して報じ、株価 は大幅に下落していた。終値は前日比5.0%安の512円。

久保誠・代表執行役専務は東証での会見で、2年連続の赤字となっ たテレビ事業の前期損失は500億円弱だったと説明。国内でのスリム化 やアジアでの富裕層向け商品投入などで「7-9月期には黒字確保を目 指す」と語った。今期販売目標は前期の約1100万台と同程度。テレビや パソコンの国内価格に円安の影響分を転嫁する意向も示した。

市況悪化で昨年7月から減産してきたNANDフラッシュについて は、現在はフル稼働に転じていることを明らかにした。ただし「市況を 見ながらいつでも減産できるようにしている」とも語った。

同社の減産と並行してNANDフラッシュ市況は改善。昨年8月末 に2.2ドル強だった容量32ギガバイト(ギガは10億)品のスポット価格 は8日時点で3.98ドルとなった。大口顧客向けのコントラクト価格もこ の間、2.18ドルから3.14ドルに上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE