世界の中銀、外貨準備の株式投資を拡大-国債利回り低下で

11兆ドル(約1100兆円)に上る外貨 準備を管理する世界の中央銀行はかつてない額の株式を買い入れてい る。国債利回り低下を背景に、リスクを嫌う運用担当者さえもが株式に 向かっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。