コンテンツにスキップする
Subscriber Only

高野山真言宗が運用損21億円-日経リンク債や外貨仕組み債に投資

宗教法人高野山真言宗や金剛峯寺の 資金運用で、含み損を合わせて21億円の損失が発生していることが分か った。投資した仕組み債がリーマンショックによる株安や円高で値下が りし、アベノミクスによる市況回復を経てもその影響が残っている。

高野山や金剛峯寺(和歌山県)を含む関連5法人の運用を調査した 外部委員会の23日付報告書によると、3月末で57億9000万円の運用残が あり、15億3000万円の含み損が発生している。これとは別に日経リンク 債、豪ドルパワーデュアル債や南アフリカランド債の償還・売却などで 5億7000万円の損失がすでに確定している。

有利な利回りを求めた運用は2002年夏から野村証券の豪ドルMMF 購入で始まった。複数の証券会社を用い、外貨建て債は通貨や償還時期 を分散させた。報告書では、リーマンショックも予見不可能だったとし て「法人や運用担当の責任を問うことは適切でない」と強調している。 運用原資は各寺院が納める賦課金や信者の寄付金・お布施など。

東海東京調査センターの中井裕幸専務は、高野山の資金運用につい て「運用難の時代が続いていたため、少しでも投資収益を上げようとい う動きはどこにでもあり、自己責任の部分だ」と述べた。その上で株式 市場全体への影響はないとしながら「運用の在り方については今後問わ れる可能性がある」とも指摘した。

高野山や金剛峯寺では資金運用をめぐり、機関決定組織である宗会 の2月会合で、運用益を過大に見せる粉飾があったのではないか、情報 を隠ぺいしたのではないか、という疑念が出された。これを受けて庄野 光昭宗務総長は弁護士や公認会計士で構成する外部委員会に運用の検証 を依頼、23日の宗会で結果が報告された。

含み損の行方

報告書では現時点の運用資産は多額の含み損を生じた状態にあると 認められるとしながら、「今後の為替変動などで変化するものである」 と付け加えた。このため「満期まで保有を継続して償還を迎えた時に損 失が発生するとは限らず、利益となることもある」と記した。実際に昨 年5月末の段階では含み損は23億9000万円に達していたとしている。

高野山が投資した日経リンク債は日本証券業協会によると、株価の 変動率などにより償還金額や利率が変動する債券。一例では、日経平均 株価が期間内にあらかじめ決められた基準を下回ると、投資額を下回る 金額で償還される。下回らなければ当初設定された価格で償還され、相 対的に高い利回りが期待できるという。

またパワー(リバース)デュアル債は、購入代金と償還額の通貨 (通常は円)と利払いの通貨(通常外貨)が異なる債券で、利回りをさ らに高めるため利率部分に手を加えた債券としている。為替が円安にな った場合は利率は高くなるが、逆に円高になった場合の利率は低くな り、最悪0%になる可能性があるとしている。

世界遺産、ミシュラン三つ星

高野山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」はユネスコにより世界文 化遺産として2004年に登録された。09年にはミシュラン・グリーンガイ ド・ジャパンで最高の三つ星評価を獲得した。

文部科学省外局の文化庁が毎年発行している「宗教年鑑」(平成22 年版)によると団体別の信者数(09年末)は、首位の浄土系が1928万人 で日蓮系の1405万人が続く。真言系は897万人と仏教系全体の18%を占 めて3位。禅系は321万人、天台系は320万人など。

高野山真言宗は、高野山にある奥之院の弘法大師(空海)御廟を信 仰の源泉としている。空海は835年に奥之院に入定(禅定に入る)して おり、高野山では1日2回空海の食事を運んでいる。

庄野宗務総長が辞任

庄野宗務総長は24日午後の臨時宗会で辞任を表明した。宗務総長公 室の上野山有紀氏が明らかにした。背景については未確認としている。 この点について共同通信は、資産運用をめぐり庄野氏側と批判的な宗会 議員の対立が続いていたとしている。宗務総長は高野山真言宗のナンバ ー2に当たる役職。トップは管長で現在は松長有慶氏が務めている。

08年9月15日に投資銀行米4位リーマン・ブラザーズが連邦破産 法11条(会社更生法に相当)の適用を申請、史上最大規模の破たんにな った。これを受けて日本株は急落、日経平均は翌10月には6000円台まで 値下がりした。為替相場では円高が進み、ドル円相場は11年10月末には 1ドル=75円35銭と戦後最高値を付けた。

この日の日経平均株価終値は1万3843円、為替相場は1ドル=99円 台半ばで推移している。昨年12月に就任した安倍晋三首相は金融・財 政・成長戦略という「3本の矢」の経済政策を打ち出した。異次元金融 緩和で為替が円安方向に戻り、株価は値上がりしている。

--取材協力 東京 院去信太郎、宮沢祐介 Editors:谷合謙三、浅井秀 樹、淡路毅

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE