アベノミクスで増配長期化読む、配当指数先物の期先上昇が急

日本株市場で、将来の配当利回りの 予想指標である日経平均・配当指数先物の動きを見ると、期先物ほど高 くなっている。安倍政権の経済政策「アベノミクス」によって企業収益 が今後押し上げられ、中長期的に株主還元としての配当の増加が続くと みられているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。