ドイツのメルケル首相は2008年の金 融危機後で2回目の銀行救済を負担できる余裕が同国政府にはないとし て、維持不可能な損失を抱える銀行の経営破綻を認める必要があるとの 見解を示した。

メルケル首相は15日にベルリンで開かれたドイツ銀行協会の会合 で、政府による救済を必要とするリスクのある「大き過ぎてつぶせな い」金融機関の処理方法をめぐる問題を当局は解決できていないと説 明。首相はその上で、ドイツは「国際社会の信頼を失う」ことなく新た な景気刺激策と銀行救済に乗り出すことはできないと強調した。

同首相はドイツの主要銀行関係者らに対し、「持続可能なビジネス モデルのない銀行は破綻し得ることを明確にしなければならない」と述 べ、「ドイツ国民、つまり納税者はそれ以外のことでは良しとしない。 その実現には多少時間がかかろう」と付け加えた。

原題:Merkel Says Banks Must Be Allowed to Fail to Ease Taxpayer Risk(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE