ヘッジファンドの商品買い越し、過去4年で最大の増加

投資家による商品相場上昇を見込む 買い越しが過去約4年で最大の伸びを示している。2009年以来の低水準 に落ち込んでいた買い越しは増加している。米経済成長が加速している ことに加え、欧州の債務危機が緩和される兆しが示されたことが背景に ある。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、ヘッジファ ンドなど大口投機家による米国の商品18銘柄の先物とオプションの買い 越しは3月26日終了週に10%増加し、67万9191枚となった。買い越しは 過去3週間で67%増加し、09年5月以降で最大の伸びを示した。原油相 場上昇を見込む投資は今年に入って最大の増加を示し、生牛も6週間ぶ りの高水準に達した。

商品24銘柄で構成するS&P・GSCIスポット指数は3月4日に 付けた10週間ぶりの低水準から2.7%上昇した。

原題:Bullish Bets Rebound at Fastest Pace in Four Years: Commodities(抜粋)

--取材協力:Debarati Roy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE