EU大統領:キプロスは特例、他のユーロ圏諸国の前例とはならない

欧州連合(EU)のファンロンパイ 大統領(首脳会議常任議長)は、銀行預金者に損失負担を求めるキプロ スの決定について、「キプロスは金融セクターの特性と構造、規模の点 で特例だ」と述べ、他のユーロ圏諸国の前例とはならないとの見解を示 した。

ファンロンパイ大統領はベルギー紙ゾンタクとのインタビューで、 EUの預金保険で保護される10万ユーロまでの預金に課税する当初の案 を承認するという「不幸な決定」をユーロ圏財務相は行ったと指摘。キ プロス議会が拒否したこの案と、同国の2大銀行の債権者に損失負担を 強いるその後の合意が、他の諸国を脅かすことはないと強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE