中国人民元、19年ぶりの高値更新-1~3月期は0.31%上昇

中国人民元は29日、ドルに対し上昇 し、19年ぶりの高値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)が人民元の中 心レートをここ10カ月余りで最も高い水準に引き上げた。四半期ベース でも上昇した。

人民銀は中心レートを1ドル=6.2689元と、昨年5月2日以来の高 水準に設定。統一投信の台北在勤ファンドマネジャー、サムソン・ツゥ 氏は「人民元の段階的な上昇を投資家は引き続き確信している。最近の 元高は恐らく習近平国家主席が外遊中であることから、政治的に誘導さ れたものだろう」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、上海では人民 元が前日比0.06%高の6.2108元で終了。一時は6.2086元と、政府が公 式・市場レートを統合した1993年末以降の最高値を更新した。1-3月 (第1四半期)は0.31%上昇、今週は0.02%上げ5週連続の上昇。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、オフショア市場での人 民元は前日比0.05%高の6.2050元。1年物のノンデリバラブル・フォワ ード(NDF)は同0.1%高の6.3015元となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE