ギターの米ギブソン:ティアックに過半出資-TOB通じて

ギターの世界的なブランドで知られ る米ギブソン・ホールディングスは、音響機器メーカー、ティアックの 株式54.6%を取得する。4月に株式公開買い付け(TOB)を実施し、 買付代金は49億円。ティアックの上場は維持する。29日に発表した。

発表資料によると、筆頭株主である企業再生ファンドのフェニック ス・キャピタルはTOB価格と同じ1株31円で、保有するティアック 株54.6%の買い付けに応じると表明している。これに対し、同社株の29 日終値は、前日比3.6%高の58円。

都内での会見でギブソンのヘンリー・ジャスキヴィッツCEO(最 高経営責任者)は「ティアックはずば抜けた技術を持つ偉大な企業だ」 と出資の効果を強調。ティアックの英裕治社長は、自身がギターをライ フワークとしていると述べた上で「ギタリストとしても、憧れのギブソ ンとやるのは夢のよう」と語った。

ブルームバーグ・データによるとギブソンは現在、別の音響機器メ ーカーであるオンキョーの2位株主として13%を出資。3位はティアッ クの9.4%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE