仏大統領、社会保障削減で国民に理解求める-国家的努力の一環

フランスのオランド大統領は年金支 給額と社会保障給付の引き下げを受け入れるよう国民に理解を求めてい る。低迷する経済を再生し、支持率低下の要因である失業者の増加を食 い止めるための国家的な取り組みの一環だ。

大統領は28日夜、国営フランス2テレビとの1時間以上にわたるイ ンタビューで、国が歳出削減に取り組む一方で、100万ユーロ(約1 億2000万円)を超える給与に75%課税する案を修正し、来年は新たな増 税を回避することを約束。政府が仕事の効率化を進め、防衛予算を守る 考えをも示した。

大統領は「成長を待っていることはできない。取りに行かなければ ならない」と発言。「国家の財政秩序を単に元に戻したいのではなく、 さらに良くできるということを私は示す必要がある」と訴えた。

原題:Hollande Presses French to Embrace Social Revamp to Spur Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE