韓国:外貨準備のドル比率、07年以来の低水準-中銀報告書

韓国の外貨準備に占めるドルの比率 は昨年、2007年の統計公表開始以降で最低水準となった。

韓国銀行(中央銀行)の12年の年次報告書によると、ドルの比率 は57.3%と、11年の60.5%から低下した。この比率は、64.6%を記録し た07年からの5年間のうち4年間で低下している。

ドル比率の低下は、資産分散化へのシフトを裏付けるものだ。逆に 中国の人民元と金の保有高が増えた。通貨危機に対する主な安全装置で ある外貨準備高は12年に3270億ドル(約3080兆円)相当となり、前年 の3060億ドルから6.9%増えた。

原題:Bank of Korea Pares Dollar Holding Ratio to Lowest Since 2007(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE