来週のNY原油:50%が下落を予想-在庫が9カ月ぶり高水準

来週のニューヨーク原油先物相場は 下落するとの見方が優勢だ。米原油在庫は生産増加で9カ月ぶりの高水 準まで積み上がった。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト30人を対象に実施した調査 では、15人(50%)が来週の原油先物相場が下落すると予測。上昇を予 想したのは8人(27%)だった。ほぼ変わらずの予想は7人。前回 は48%が下落を予想した。

米エネルギー情報局(EIA)が発表した先週の原油在庫は326万 バレル増加し3億8590万バレルと、昨年7月以来の高水準となった。ブ ルームバーグが12人のアナリストに調査した予想中央値は133万バレル 増だった。生産は日量1000バレル増え715万バレル。今月8日には20年 ぶりの高水準である716万バレルを記録した。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア商品ブローカー、トム・ パワー氏は「先週の原油在庫の積み上がりは予想より大きかった。この 時期としては1990年以降で最高だ。テクニカル的には買われ過ぎてお り、98ドル近辺の厚い上値抵抗線に近づいている」と述べた。

2004年4月の調査開始以降、相場の方向性を正しく予測した確率 は50%となっている。ブルームバーグは翌週の原油価格について、石油 アナリストとトレーダーに見通しを尋ねる調査を毎週木曜日に実施して いる。

原題:Oil May Fall Next Week as U.S. Inventories Surge, Survey Shows(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Christian Schmollinger、Ramsey Al-Rikabi、Jacob Adelman、Jing Yang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE