米海軍、6週間遅れで空母の総点検再開へ-予算削減で一時休止

米海軍は6週間遅れで空母エイブラ ハム・リンカーンの燃料補給と総点検を再開することを明らかにした。 予算削減により作業は一時休止していた。

今回の作業は総額30億ドル(約2830億円)以上で、原子炉の燃料補 給や船舶システムのアップグレードなどが含まれる。米国唯一の空母建 造会社であるハンティントン・インガルス・インダストリーズがバージ ニア州ニューポートニューズで作業を実施する。

原題:U.S. Navy to Resume Carrier Overhaul After Six-Week Delay (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE