イタリア連立にベルルスコーニ氏が意欲、大統領に協力を表明

イタリアの中道右派連合を率いるベ ルルスコーニ前首相は29日、ローマでナポリターノ大統領と会談し、連 立政権樹立に向けて他党と協力する用意があると言明した。ベルルスコ ーニ氏は次期大統領の選出に発言権を得ることを望んでいると述べた。

ベルルスコーニ氏は会談後、「連立政権の誕生にはこれまでも、そ して今も扉を閉ざしていない」と記者団に述べ、「ともに政権を樹立す る、つまり連立政権が理にかなっていると考えている。その上で次期大 統領に最適な人材を協議する必要があるだろう」と述べた。

ナポリターノ大統領は各党との調整を図り、退任するモンティ現首 相の後任を選出する必要がある。2月の総選挙後、上院では過半数政党 が存在せずこう着状態が続いている。

民主党のベルサニ党首による連立交渉が不調に終わり、ナポリター ノ大統領は28日、次期首相選びを担うことになった。大統領の7年間の 任期は5月に満了となり、次期大統領は議会で選ばれる。

原題:Berlusconi Seeks Sway in Government as President Pick Nears (1)(抜粋)

--取材協力:Chiara Vasarri.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE