NY銅:下落-米指標や中国の投資商品規制で需要鈍化を

28日のニューヨーク銅先物相場は下 落し、約1週間ぶりの安値で引けた。米国で新規失業保険申請件数が増 加したことに加え、中国で富裕層向け投資商品に対する規制が強化され たことを受け、金属の2大消費国である米中で需要が鈍化するとの懸念 が広がった。

先週の米新規失業保険申請件数はこの1カ月余りで最も高い水準に 増加。中国の主要株価指数である上海総合指数は、新規制導入で資金調 達が抑制されるとの懸念から約3カ月ぶりの安値を付けた。

シティグループの商品先物スペシャリスト、スターリング・スミス 氏は電話インタビューで、「米経済指標は相場を活気づけるにはほど遠 い内容だった。きょうは買い手がやや受け身だ」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限終値は前日比1.2%安の1ポンド=3.402ドル。一時3.3965ドル と、20日以来の安値を付けた。週間では1.8%安と2週連続の値下が り。29日はグッドフライデー(聖金曜日)のため立ち会い取引は休場と なる。

原題:Copper Falls on U.S. Jobless Claims, China Wealth-Product Rule(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE