台湾中銀、政策金利を1.875%に据え置き-7会合連続

台湾の中央銀行は28日、政策金利を 7会合連続で据え置いた。台湾では中国の景気回復を受けて成長拡大ペ ースが加速する一方、インフレ圧力は低下している。

同中銀は市中銀行向けの10日物融資金利を1.875%に維持すると発 表。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト20人の予想でも 全員が据え置きを見込んでいた。同中銀は2011年6月に利上げして以 降、政策金利を変更していない。

DBSグループ・ホールディングスのエコノミスト、マ・ティエイ ン氏(シンガポール在勤)は発表前、「台湾中銀は恐らく今年10-12月 期まで政策金利を変更しないだろう」と述べていた。

原題:Taiwan Holds Key Rate a Seventh Time as Economy Seen Recovering(抜粋)

--取材協力:Adela Lin、Ailing Tan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE