自民・高市政調会長:今国会の日銀法改正案提出、現段階では否定的

自民党の高市早苗政調会長は28日、 政府の日本銀行への影響力を強めるための日銀法改正案の今国会提出に 現段階では否定的な見解を示した。党本部で記者団に語った。

高市氏は安倍晋三政権が任命した黒田東彦総裁ら現在の日銀執行部 について「物価安定目標2%の達成に向けて、たいへん意欲的だ。今す ぐ日銀法を改正しなければならない状況にはない」と指摘した。

産経新聞は28日付朝刊で、自民党が検討している日銀法改正案の原 案が判明したと報道。物価上昇率の目標を政策協定で決めるように法制 化することを柱に据え、今国会での改正案提出に向け、詳細を詰めると 報じている。

高市氏はこの報道について「おそらく個人的にこういった内容で改 正できるといいと思っている方の私案をもとに書いたのではないか。党 としての正式な検討にはまだ入っていない」と否定した。ただ、日銀の 物価安定目標達成に向けた取り組みが「結果が出ないという事態になっ たら、これは法改正も含めて検討する可能性がある」とも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE