香港株:反落、中国の銀行規制を嫌気-農業銀など安い

香港株式相場は反落。中国の銀行監 督当局が富裕層向け商品に関する規制を厳格化したことで、本土の銀行 株が軟調だった。ハンセン指数はこのままいけば、四半期ベースで昨年 4-6月期以来の下げで1-3月期の取引を終える。

中国農業銀行(1288 HK)は2.1%安。中国建設銀行(939 HK) は0.9%安。交通銀行(3328 HK)は4%下げた。

不動産の中国海外発展(688 HK)は2.5%下落。中国の深圳市当局 が、2軒目の住宅購入時の頭金引き上げを義務付けるとの一部報道が響 いた。

医薬品販売で中国最大手の国薬控股(シノファーム・グルー プ、1099 HK)は7.2%安と、約3年ぶりの大幅な下落率。増資発表が嫌 気された。

ハンセン指数は前日比165.19ポイント(0.7%)安の22299.63。ハ ンセン中国企業株(H株)指数は同1.3%安の10896.22。

RBCインベストメント・マネジメント(アジア)のアジア株式責 任者、武田洋二氏(香港在勤)は、中国政府はインフレが問題になりつ つあると考えて先手を打っていると指摘。短期的には株式市場に若干影 響を与えているが、世界経済の回復で長期的には株式をめぐる環境は引 き続きかなり良好だと述べた。

原題:Hong Kong Stocks Slide as Lenders Fall on Banking Regulations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE