ドイツ:3月失業者数は前月比1万3000人増,予想外-景気懸念

ドイツの3月の失業者数は予想に反 して増加した。金融市場の緊張再燃で、ユーロ圏の景気回復が頓挫する との懸念が高まった。

独連邦雇用庁(FLO)が28日発表した3月の雇用統計によると、 失業者数は季節調整済みで前月比1万3000人増の294万人。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト24人の予想中央値は2000人減だ った。失業率は6.9%で前月から変わらず。20年ぶり低水準の6.8%を若 干上回っている。

ABNアムロ銀行(アムステルダム)のマクロ調査責任者、ニッ ク・コーニス氏は、「もちろん、欧州の景気低迷がドイツに影響してい る」とした上で、「年内の世界経済の回復がドイツの失業率を押し下げ る可能性はあるが、現時点ではまだ幾分の不透明感がある」と語った。

FLOによると、2月の失業者数は前月比変わらずに修正された。 速報では3000人減だった。

欧州中央銀行(ECB)は今月、ユーロ圏の経済成長率見通しを下 方修正。今年がマイナス0.5%、来年がプラス1%と予想した。ドラギ 総裁は7日、景気が年内に緩やかに回復するとの見通しと同時に、リス クは依然「下向き」との認識を示した。

原題:German Unemployment Unexpectedly Rises as Crisis Takes Toll (1)(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE