油田発見のフォークランド諸島、アルゼンチンとの緊張高まる

南大西洋にある英領フォークランド 諸島で、この地域で初となる商業油田が発見され、人口2563人の同諸島 に向こう25年間で105億ドル(約9900億円)に上る税収が入る見通し だ。

税収は、漁業と観光に依存するフォークランド諸島の経済を変化さ せるとともに、アルゼンチンとの緊張がさらに高まる可能性がある。ア ルゼンチンは同諸島と天然資源の領有権を主張している。アルゼンチン は昨年、フォークランド諸島での採掘に関与するいかなる企業に対して も法的措置を取ると警告。アルゼンチン外務相は26日、同諸島の住民に は自決権がないと主張した。

フォークランド諸島の当局は既に原油生産に伴う税収を管理するフ ァンドを創設している。

エジソン・インベストメント・リサーチによれば、発見されたシー ライオン沖合油田の生産が2017年に始まれば、フォークランド諸島の税 収は年間で島民1人当たり約16万ドルに上る見通しだ。財政研究所の統 計によると、この額は英国の上位1%の高所得者の税引き後所得に相当 する。

原題:Falkland Oil Claimed by Argentina Sees Islanders Join 1%: Energy(抜粋)

--取材協力:Pablo Gonzalez.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE