NY原油:続伸、5週間ぶり高値-製油所の稼働率上昇で

ニューヨーク原油先物相場は続伸 し、5週間ぶりの高値となった。米製油所の稼働率が上昇したことを受 け、原油需要が拡大するとの見方につながった。

米エネルギー情報局(EIA)の統計によると、22日終了週の製油 所の稼働率は85.7%と、前週から2.2ポイント上昇し、2カ月ぶりの高 水準となった。一方、原油在庫は326万バレル増加の3億8590万バレル で、9カ月ぶりの高い水準。ヒーティングオイル(暖房油)やディーゼ ル油を含む留出油の在庫は451万バレル減少の1億1530万バレル。

エネルギーヘッジファンド、アゲイン・キャピタル(ニューヨー ク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は電話インタビューで、「今回 の統計では原油在庫が大幅に増加したが、差し引きで見ると相場にとっ てはプラスだ」と指摘。「製油所活動が大きく上向いたのは今後数週間 に原油需要が拡大することを示唆している。留出油在庫の減少幅が非常 に大きく、需給ひっ迫の懸念が強まる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比24セント(0.25%)高の1バレル=96.58ドルで終了。終値では先 月19日以来の高値となった。

原題:WTI Oil Rises to Five-Week High as Refineries Bolster Operations(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE