BRICSが1000億ドルの基金設立へー資金拠出では合意できず

ブラジルとロシア、インド、中国、 南アフリカ(BRICS)の5大新興国は、通貨危機が発生した場合に 備え1000億ドル(約9兆4500億円)規模の基金設立を承認した。一方、 開発銀行設立のための資金拠出では合意に至らなかった。

ロシアのシルアノフ財務相は27日、南アフリカのダーバンでブルー ムバーグのインタビューに応じ、基金への拠出金うちかなりの部分を中 国が提供する見通しだと述べた。同財務相によると、中国が410億ドル を拠出し、ブラジルとロシア、インドがいずれも180億ドル、さらに南 アフリカが50億ドルを拠出する方向で交渉が進められている。

南アフリカのズマ大統領はダーバンで行われたBRICS首脳会議 (サミット)後に、「自己管理型の緊急準備金を設けることで、建設的 な予防効果が見込まれ、BRICS諸国が短期流動性のひっ迫を未然に 防ぐ一助になるととともに、相互支援や金融の一段の安定化をもたらす だろう」と述べた。

世界の人口の43%を抱え、4兆4000億ドルの外貨準備高を持つ BRICS5カ国は、台頭する経済力に見合う発言力を求めている。

BRICS首脳らは開発銀行の設立は「実現可能かつ存続可能」と の意見で一致したが、設立に向けた資金拠出での詳細を決定するには至 らなかった。BRICSは開発銀行の実現性を1年にわたって検討して いる。

中国の習近平国家主席はサミット閉会にあたって、「広範にわたっ てコンセンサスが得られた」と述べ、銀行や通貨準備金の合意は「協力 の可能性を広げるだろう。BRICSの協力は世界の経済ガバナンスの 安定化に寄与する」と述べた。

原題:BRICS Approve $100 Billion Currency Fund as Bank Start-Up Stalls(抜粋)

--取材協力:Mike Cohen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE