ドイツ銀からヘッジファンドへ、自己勘定部門閉鎖で人材流出

ドイツ銀行では先月の自己勘定取引 部門閉鎖の後に、2人以上の債券トレーダーがヘッジファンドに移るた め退社したと、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

関係者によると、住宅ローン証券トレーダーのジョン・ローチ氏は ブルークレスト・キャピタル・マネジメントに加わる。商業用不動産ロ ーン証券トレーダーだったマイケル・ボイル氏は今月、ティルデン・パ ーク・キャピタル・マネジメントに加わったという。ドイツ銀はコスト 削減や規制順守の取り組みの中で自社資金で売買する自己勘定取引部門 を閉鎖したと、事情に詳しい関係者3人が述べている。関係者らは匿名 を条件に語った。

金融危機の最悪期から4年以上がたったが、大手銀からベテランの 債券トレーダーが流出する動きは加速している。ドイツ銀からは今年に 入り少なくとも5人の信用商品トレーダー・セールス担当者が退社し た。

原題:Deutsche Bank Traders Said to Join Hedge Funds as Prop Unit Shut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE