北朝鮮、韓国との軍事ホットライン遮断-危機レベル高まる

北朝鮮は27日、韓国との軍事ホット ラインを遮断した。軍の砲兵部隊を最高水準の警戒態勢に就かせた前日 に続き、危機のレベルがさらに高まった。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は「戦争がいつでも起こり得る状況下 で、北朝鮮と韓国の軍事通信を維持する必要はない」と伝えた。韓国側 には同日午前11時20分(日本時間同じ)に遮断を通告したという。北朝 鮮は8日には、板門店の南北赤十字間の直通電話を遮断した。

韓国軍は27日午前、北朝鮮との国境付近で不審物を発見したとして 警戒レベルを引き上げ、その後解除した。韓国軍当局者は、北朝鮮によ る韓国側への侵入や通常と異なる北朝鮮軍の動きなどはなかったと説明 した。

北朝鮮問題を研究する東国大学(ソウル)のキム・ヨンヒュン教授 は、今回遮断されたホットラインは「主として北朝鮮国内の開城工業団 地に入る韓国人ビジネスマンの日々の動きについて話し合うために使わ れていた」とし、遮断により影響が出かねないと述べた。

韓国統一省は北朝鮮に対し、同ホットラインを元に戻すよう要求。 遮断の決定は「開城工業団地の安定的な事業活動の助けにならない」と 電子メールでコメントした。統一省のデータによれば、同工業団地には 北朝鮮人5万3000人余り、韓国人900人ほどが常勤者として働いてい る。

原題:N. Korea Cuts Military Hotline to South After Attack Threats (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE