米グーグル:「浪江町のいま」伝えます-ストリートビューで

米グーグルは、2011年3月の東日本 大震災に伴う原発事故で立ち入りが制限されている福島県浪江町の「ス トリートビュー」画像を28日から公開した。馬場有町長の要請に応じ、 撮影を行っていた。

撮影開始時のグーグルの発表文で馬場町長は、震災や原発事故から 約2年を経て、全国に避難している町民2万1000人の多くから「ふるさ と浪江の姿を見たい、知りたいという声が非常に強まっている」として いた。

ストリートビューは、グーグルの地図サイトから、対象地区の画像 を360度の視点で見られる機能。馬場町長は、世界には「原発事故の悲 惨な状況」を知りたい人が多い点も依頼の理由だったと説明。グーグル も電子メールでのコメントで、今回の公開により災害の生々しい記憶が 将来の世代に引き継がれるよう望む、としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE