政府:対北朝鮮制裁、輸出入禁止などを2年延長へ-自民が了承

日本政府は北朝鮮との輸出入、北朝 鮮籍船舶の入港禁止の制裁措置を2年間延長する方針。27日の自民党外 交部会、経済産業部会などの合同会議で方針を提示し、了承された。政 府は両措置が期限を迎える4月13日までに閣議決定する。合同会議は記 者団に公開され、資料も配布された。

これらの措置については1年ごとの延長を繰り返してきた。政府の 資料によると、今回はミサイル発射や核実験強行など北朝鮮をめぐる情 勢を踏まえ、拉致、核、ミサイルなどの諸懸案を解決するために同国が 「具体的な行動」を取るよう強く求めるため2年間延長することになっ た。

外務省の金杉憲治アジア大洋州局参事官は合同会議で、核実験を受 けて国連安全保障理事会決議第2094号が示した資産凍結対象の追加指定 などの制裁についても輸出入禁止措置の閣議決定に合わせて発表する方 針も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE