英銀HSBC、ハーミテージのロシア投資ファンドを閉鎖

英銀HSBCホールディングスはハ ーミテージ・キャピタル・マネジメントのロシアに投資する旗艦ファン ドを閉鎖する。ハーミテージを共同で創業したウィリアム・ブラウダー 氏はロンドンで名誉毀損(きそん)で訴えられたほか、モスクワでは本 人不在で脱税をめぐる訴訟に直面している。

同氏は拠点とするロンドンから電話インタビューに25日応じ、同フ ァンドの閉鎖は「完全」に受託・管理を担当するHSBCによるものだ と述べた。

ブラウダー氏(48)によれば、同氏とすでに亡くなった富豪のエド モンド・サフファ氏が1996年に始めたハミテージのファンドは、2005年 のピーク時には海外投資家としてはロシア株を最も多く保有していた。 ロシアは同年、説明なくブラウダー氏の入国を禁止。これがその後何年 にもわたる法廷闘争のきっかけとなった。ハーミテージのアドバイザ ー、セルゲイ・マグニツキー氏の09年の死亡をめぐっても訴訟が起きて いる。マグニツキー氏はブラウダー氏がモスクワで裁判を控え拘束され ていたときに死亡した。

ロルネス(モスクワ)の債券担当マネジャー、エリック・クラウス 氏は、「HSBCはブラウダー氏を見限った。同氏がロシアで意見の衝 突を招きやすいと考えられているためだ。ブラウダー氏は1つの競争上 の利点を持っていた。市場の透明性が世界最悪級だったエリツィン政権 時代のロシア人のようにロシアで取引するやり方を知っていた」とコメ ントした。

ロシアの元調査員パベル・カルポス氏はブラウダー氏とハーミテー ジを相手取り、カルポス氏がマグニツキー氏の死亡に関与しているとの 疑惑をめぐり名誉を毀損されたとして英国で訴訟を起こした。

HSBCのモスクワ在勤広報担当ジュリア・モルチャノバ氏はファ ンドの閉鎖についてはコメントしないと述べた。ブラウダー氏は名誉毀 損訴訟について、弁護士の助言を理由にコメントを控えた。

モスクワの裁判所は22日、脱税の罪をめぐりブラウダー氏と37歳で 亡くなったマグニツキー氏に対する公判手続きを始めた。ブラウダー氏 は一切の不正行為を否定しており、19日にはロシアが「マグニツキー氏 を拷問し殺害した人物を公然と守ろうとしている」と述べていた。

原題:HSBC Shuts Hermitage’s Russia Fund as Browder Sued in London (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE