中国:シャドーバンキングの影響力衰えず-温州の改革から1年

周祥氏は机と椅子を置くには十分な 広さの部屋で携帯電話のゲームに興じている。ここは設立から1年が経 った温州民間借貸登記サービスセンターの一室だが、見込み客はこの数 時間1人も現れていない。

資金繰りに苦しむ企業経営者と民間投資家の橋渡しをする政府の認 可を受けたローン仲介業者として、周氏は浙江省温州市の高級住宅地区 にある2階建てのビル内で見つけることができる数人の担当者のうちの 1人だ。空港のような椅子の列に人影はない。

独立系ブローカーの速貸邦でマネジャーを務める周氏は「本当に選 択肢を失った人だけがここに融資を頼みに来る。ほとんどのケースでこ うした会社の財務基盤は非常に弱く、ちょっとした力で押しつぶされか ねない状況だ」と述べる一方、「融資の規模が小さいため、何かしら他 の事業に広がらないなら当社もここに長くいたくない」とも語った。

中国当局が国内のシャドーバンキング(影の金融)ネットワークを 阻止・規制する試験プログラムの導入先に温州市を選んでから1年が経 ったが、民間融資が盛んな同市でこのプログラムが機能していないのは 明らかだ。恩恵を受けるはずの中小企業は担保不足で今なお融資を受け られず、綱渡りの状態に苦慮している。少なくとも仲介業者の1社、宜 信は対象とする借り手とのギャップを理由に同センターから去った。

「中小企業の痛み」

1000社余りが加盟する温州中小企業発展促進会の周徳文会長は「わ れわれは相当努力して前に進んだが、意味のある突破口は何も開けなか った」と述べ、「政府当局者はリスクを冒すことに消極的だ。中小企業 の痛みを彼らが感じることができれば、温州に時間がなくなりつつある ことを理解するのではないか」と語った。

温州市で半年に80人余りの実業家が自殺を試みるか破産を宣言した ことを問題視した温家宝前首相は2012年に金融改革プログラムを発表 し、同年3月28日に国務院(内閣に相当)が承認した。ただ、今月北京 で開かれた全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では、指導部の誰 一人として同プログラムやシャドーバンキングの規制に触れなかった。

中国ではヤミ金融市場が栄えている。国内にある4200万社の中小企 業の約97%が銀行融資を受けることができないことに加え、資金の出し 手が銀行預金よりも高いリターンを求めているからだ。スイスの銀行 UBSは、民間融資や銀行の簿外の金融会社や信託会社を含む中国のシ ャドーバンキングの規模を3兆3500億ドル(約317兆円)と、中国の国 内総生産(GDP)の45%に相当すると試算。温州中小企業発展促進会 と学術研究者グループの調査では、個人間の民間融資の規模を約3 兆7000億元(約56兆円)と推定している。

原題:China Shadow Banking Hard to Squelch in City Plagued by Suicides(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE