豪中銀:豪州の家計、住宅ローン前倒し返済でバッファー構築

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)は27日公表した金融安定化報告書で、豪州の家計は住宅ローンの前 倒し返済によって、一時的な失業や所得減少を乗り切る助けになる「バ ッファー」を築いていると指摘した。キプロス情勢の緊張については、 世界経済の脆弱(ぜいじゃく)性を浮き彫りにするものだとしている。

報告は、豪州の住宅所有者が約20カ月分のローン返済を前倒しで行 った状況に言及。「家計の債務は依然として歴史的な高水準に近く、金 融面の抵抗力という観点からは、家計がこうしたより慎重な行動を維持 することが望ましい」との認識を示した。

世界の金融情勢については、前回報告の時点から「著しく」改善さ れたとしながらも、キプロス危機をめぐって市場の緊張が再燃したこと で、「まん延する」財政と銀行の問題解決という政治・社会・経済の困 難な課題が明らかになったと説明した。

豪中銀は「ここ半年の市場心理の改善が持続的な回復の始まりか、 それとも一時的に上向いているにすぎないかを判断するのは時期尚早 だ」とした上で、「信頼回復に必要な政策措置を実行する欧州当局の能 力に大きく左右される」と予想した。

原題:Australian Households Building Mortgage ‘Buffers,’ RBA Says (1)(抜粋)

--取材協力:Garfield Reynolds.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE