キプロス:天然ガス探査入札、期限延長も-より多くの応札募る

歳入の最大化と財政基盤強化を目指 すキプロスは原油・天然ガス探査許可の入札について、より多くの投資 家を募るため期限を延長するかどうかを検討中だ。

国有石油・ガス会社Kretykによると、政府はキプロス南部オ フショアの探査許可入札を行う。政府はすでに6鉱区の試掘許可を米ノ ーブル・エナジーやフランスのトタル、それにイタリアの石油会社 ENIと韓国ガス公社の合弁会社に与えている。

Kretykのソロン・カシニス副社長は電話インタビューで「入 札は5月26日に終了する。ただ入札期間を延長する可能性はある」と述 べた。

キプロスによると、同国の天然ガス埋蔵量は最大60兆立方フィート (約1兆7000億立方メートル)と、英国の需要の約21年分に相当す る。100億ユーロ(約1兆2200億円)の救済受け入れで国債の支払い不 能を回避したキプロス経済にとって、埋蔵天然ガスは景気回復にプラス に働くとみられる。

原題:Cyprus May Extend Offshore Gas Tender to Attract More Bids (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE