イタリア入札、発行額が目標以下、キプロスや政情懸念が響く

イタリア政府が27日に実施した国債 入札で、発行額は目標上限に届かなかった。国内政治の行き詰まりに加 えキプロス救済計画がユーロ圏の金融資産への懸念を呼び、5年債と10 年債への応札倍率は前月の入札時を下回った。

5年債と10年債を合わせた発行高は69億1000万ユーロ(約8340億 円)と、目標上限の70億ユーロを若干下回った。39億1000万ユーロの5 年債の平均落札利回りは3.65%と昨年10月30日の入札以来の高水準。今 年2月27日の入札での3.59%も上回った。一方、30億ユーロの10年債の 利回りは4.66%と前月の4.83%から低下した。

5年債の応札倍率は1.22倍、10年債は1.33倍となり、前月のそれぞ れ1.61倍と1.65倍から低下した。

原題:Italian Sale Misses Target as Demand Drops on Cyprus, Politics(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE