ポルトガル中銀:経済予測を下方修正、13年はマイナス2.3%

ポルトガル銀行(中央銀行)は、同 国の今年の経済成長率が従来予想よりも大幅なマイナスになるとの見通 しを示した。個人消費の落ち込みや輸出の伸び鈍化が要因という。

中銀は26日の春季経済報告で、2013年の国内総生産(GDP) は2.3%減少すると予想。昨年は3.2%減だった。1月時点では、今年 は1.9%のマイナス成長を見込んでいた。14年については、1.1%のプラ ス成長を予測している。

中銀は声明で、「今回のマイナス成長は恒常所得の低下見通しを背 景とした内需の著しい落ち込みを反映している」と指摘。「輸出は外需 の見通し悪化にもかかわらずプラスの伸びを維持するものの、減速する と予想される」と続けた。

原題:Bank of Portugal Forecasts Deeper Economic Contraction This Year(抜粋)

--取材協力:Henrique Almeida.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE