アジア・太平洋株式サマリー:ハンセン指数が続伸、中国株は続落

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が続伸。キプロス救済の副作用や中 国当局の不動産抑制策に対する懸念はあったものの、2月の米耐久財受 注が増加するとの見通しを背景に輸出株が買われた。

米国を最大市場とする電動工具メーカーのテクトロニック・インダ ストリーズ(創科実業、669 HK)は2.2%高。米ウォルマート・ストア ーズなどに玩具や衣料品を納入するリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は1.3%高。米ナイキの靴を受託生産する裕元工業(集団、551 HK)は2.6%上昇した。

中国最大のインターネット会社テンセント・ホールディングス(騰 訊、700 HK)は3.2%高。今月は前日まで10%下げていた。

中国の不動産開発会社、碧桂園(2007 HK)は1.7%安。本土の銀行 が不動産業界への融資に制限を設けつつあるとの一部報道が嫌気され た。

ハンセン指数は前日比59.93ポイント(0.3%)高の22311.08で引け た。一方、ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.5%安の10925.13。

BTIG香港のマネジングディレクター、クリスチャン・キールラ ンド氏は「最終的には相場は上昇する。欧州で何が起きようと、米連邦 準備制度理事会(FRB)は資金を供給し続ける」と話した。

【中国株式市況】

中国株式相場は続落。上海総合指数が約1週間ぶりの大幅な下落率 となった。当局による住宅価格抑制で企業の利益が損なわれるとの懸念 が広がった。

中国民生銀行(600016 CH)は4.6%安と、2週間ぶりの大幅安。多 くの銀行が不動産開発向け融資の規模を制し始めていると、中国証券報 が伝えた。中国建設銀行(601939 CH)は2.3%安。

海通証券(600837 CH)が4.3%安となるなど証券株も軟調。石炭生 産のエン州煤業(600188 CH)は5.2%安と、昨年6月以来の大幅な下げ を記録した。証券会社による投資判断引き下げが響いた。2012年通年の 純利益が減少した東風汽車(600006 CH)は1.3%下げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前日比29.05ポイント(1.3%)安の2297.67と、今 月18日以来の大幅安。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指 数は前日比1.5%安の2575.05。

華西証券の曹雪峰アナリストは「不動産の抑制措置が景気に影響を 及ぼすかもしれないとの懸念があり、投資家は金融株のような大型株を 売り始めた」と指摘。その上で「短期的な売りだろう。株価は依然妥当 であるため、投資家は戻ってくる」との見方を示した。

【インド株式市況】

インド株式相場は4カ月ぶり安値付近にとどまった。政局が安定せ ず、景気回復に向けた取り組みが前進しないとの懸念が広がった。指標 のセンセックス30種指数は四半期ベースでは5四半期ぶりのマイナスと なっている。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は18704.53で終 了。前日比で23.11ポイント(0.1%)上げた。前日は7営業日続落で、 終値が昨年11月26日以来の最低となっていた。年初来では3.7%下げて おり、このまま3月を終了すると、四半期ベースで2011年10-12月(第 4四半期)以来のマイナスとなる。

世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズが4 カ月ぶり安値を付けたほか、インドで製鉄最大手のタタ・スチールは約 4年ぶりの安値まで売り込まれた。一方、消費財で国内最大手のヒンド ゥスタン・ユニリーバは2.5%上げた。

シン連立政権を支える社会党(SP)が前日に10月の選挙を望む姿 勢を示したことから、前倒し実施の懸念が高まった。最大のパートナー だったドラビダ進歩同盟(DMK)は19日に連立を離脱しており、同政 権は下院で議席数が過半数に44議席足りない。インド株は同日以来、下 げ基調にある。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比39.95ポイント(0.8%)安の4950.25。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.03ポイント(0.3%)高の1983.70。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.24ポイント高の7856.36。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE