スペイン:追加緊縮なければ経済は年末に向けて安定へ-中銀

スペイン銀行(中央銀行)は、欧州 連合(EU)によって一段の財政引き締めを求められない限り、同国経 済が年末に向けて安定するとの見通しを示した。

中銀は26日公表した月報で「スペイン経済は既にリセッション(景 気後退)の最も厳しい時期を過ぎた可能性がある」としている。中銀 は2013年の国内総生産(GDP)を前年比1.5%減、14年を同0.6%増と 予想した。EU欧州委員会の予想はそれぞれ1.4%減と0.8%増。

中銀はまた、1-3月は景気縮小のペースが鈍化したとの認識も示 した。

財政赤字については13年がGDP比6%、14年が同5.9%と予想。 今年の赤字比率を6%未満にすることをEUに求められれば、短期的に 景気に打撃となるとの見方も示した。

失業率については13年に27.1%でピークを付けると予想。内需は 3%減、輸出は3.8%増と予想されている。

中銀は金融市場での同国の調達コストの不透明を理由に予想につい ては「特別な警戒」が必要とも指摘した。

原題:Bank of Spain Says Recovery in Sight If Austerity Softened (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE