バークレイズ:プライベートバンクで行員解雇-顧客被害調査

英銀バークレイズはプライベートバ ンク業務を担当していたシンガポール在勤の行員を解雇した。この元行 員による不正が顧客資産に影響している可能性について当局の調査に協 力している。

シンガポール在勤の広報担当ユージニア・コー氏によれば、問題の 行員は2月6日に解雇された。同行はシンガポール警察の経済犯罪担当 部署の捜査に協力しているという。

シンガポール紙ビジネス・タイムズは26日、バークレイズがジャグ ディシュ・ケール氏を解雇したと報じた。同氏はシンガポールに住んで いない複数のインド人顧客を担当していたが、顧客資産を流用した疑い が持たれている。ケール氏は2010年にスイスのUBSからバークレイズ に移った。同氏は電話取材に対しコメントを控えた。

コー氏は電子メールで、バークレイズが「当局に通報し捜査進展の ため緊密に協力している」と説明。被害を受けた顧客には補償を行うと いう。被害者は少数で、事件はこの元行員にかかわるものだとし、バー クレイズは再発防止措置を講じたとコメントした。

原題:Barclays Investigating Singapore Private Banker After Dismissal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE