スズキのパキスタン部門、新小型車を年内投入-増益見込む

スズキのパキスタン製造販売子会社 パック・スズキ・モーターは、年内に同国で新型小型車を投入すること を計画している。円安効果もあり、同社は6年ぶりの高い利益を予想し ている。

パック・スズキ・モーターのアブドゥル・ハミド・ボンバル最高財 務責任者(CFO)が25日、カラチでのインタビューで語った。投入す る新型車は、他社の排気量1リッター以下の車種と競合するものになる という。詳細には言及しなかった。

同CFOは、今年の利益が昨年よりも増加するとの見通しを明らか にした。昨年は純利益が前年比23%増の9億7800万ルピー(約9億3600 万円)と、5年ぶり高水準だった。

パック・スズキの新型車は、これまでトヨタ自動車の「ヴィッツ」 のような低価格の輸入中古車を選択していた層をターゲットとする。パ キスタン自動車工業会によれば、今年2月までの8カ月間の自動車販売 は前年同期比25%減少した。

原題:Suzuki Pakistan Preparing to Introduce New Small Car, CFO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE