海運富豪フレドリクセン氏、低燃費船に計2450億円を投資へ

海運投資家としては世界で最も多く の資産を保有するノルウェー出身のジョン・フレドリクセン氏は、計26 億ドル(約2450億円)を投資して多数の低燃費船を建造する計画だ。同 氏は世界の海運能力の過剰と過去最高水準にあるエネルギー価格が近い うちに緩和されることはないと予想している。現行船舶の用船レートで は運航コストをカバーできないが、新たに発注する低燃費船なら採算が 取れる見通しだ。

フレドリクセン氏が筆頭株主の海運会社フロントライン2012(バミ ューダ諸島)は先週、新造船発注をほぼ2倍の53隻に増やしたことを明 らかにした。燃料消費が約30%少ない船舶の建造費が低下したためだ。 ブルームバーグがアナリスト6人を対象に実施した調査の平均値では、 フロントライン2012の株価は1年間で17%上昇すると予想されている。 アークティック・セキュリティーズのアナリスト、エリック・ニコラ イ・スタブセス氏によれば、フレドリクセン氏の保有する船舶数は最終 的に100隻以上となり、世界最大規模の低燃費船団となる。

燃料費は現在、船舶の平均操業コストの約75%を占め、10年前の2 倍に上昇している。このため、フレドリクセン氏が保有する船舶の競争 力は向上する見通しだ。世界最大の船舶ブローカー、クラークソンによ れば、商業船の輸送能力は需要を約20%上回り、1980年代初め以降で最 大の過剰となっている。

原題:Fredriksen Bets $2.6 Billion New Ships Will Beat Glut: Freight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE