ブラジル産大豆、荷積み待ち深刻-中国、他国産にシフトか

ブラジル2位の大豆生産会社グル ポ・ボム・フツロのエライ・シェッファー社長は、同国史上最悪の輸送 機能のまひ状態に対応するため、大豆を運ぶトラック200台を購入し た。供給先の中国では、入荷が滞った場合、買い手企業がアルゼンチン 産に移行する可能性がある。ブラジルは世界最大の大豆供給国となる途 上でつまずきを見せている。

シェッファー社長はマトグロソ州クイアバからの電話インタビュー で「ここ30年間、このような事態は経験したことがない。トウモロコシ の収穫期が近づき港湾の状況は一段と悪化する可能性が高いため懸念し ている」と語った。

ブラジルの主要港では今月大豆の荷降ろしを待つトラックの列が過 去最長の15マイル(約24キロメートル)に達し、荷積みのため待機する 船舶は計212隻に上っている。ブラジルは2012年10月-13年9月の大豆 生産高が米国を抜き世界最大になると予想されている。

原題:Brazil Soy Boom Bottlenecked as China Left Waiting: Commodities(抜粋)

--取材協力:Shruti Date Singh、David Biller、Mario Sergio Lima.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE