ソフバンク:ゲーム会社ガンホーにTOB-最大250億円

国内通信3位ソフトバンクは、携帯 電話子会社を通じてゲーム会社ガンホー・オンライン・エンターテイメ ントの株式6.4%を、最大250億円の株式公開買い付け(TOB)により 取得する。これに伴い、来期(2014年3月期)から任意適用する国際会 計基準(IFRS)に沿って4-6月期に1700億円の営業利益を計上す る見込み。ガンホーの上場は維持される。

25日の発表資料によると、ガンホーは孫正義ソフトバンク社長の弟 の孫泰蔵氏が会長を務める企業で、昨年末時点でソフトバンクの別の子 会社が株式の33.7%、孫泰蔵氏の資産管理会社ハーティスが18.5%をそ れぞれ保有。今回はハーティス所有株の議決権を孫正義氏が行使可能に するとともに携帯子会社が6.4%の株式を取得することで議決権比率 を58.5%に高め、連結対象とする。

ソフトバンク広報担当の抜井武暁氏は、1700億円の評価益はガンホ ー株式の簿価と時価の差であり、IFRSに沿って営業損益に計上する と説明。孫正義社長は1月末の決算発表で、来期の営業利益は7000億円 前後との見通しを示したが、抜井氏によると、1700億円はこの見通しに は含まれていない。

TOB期間は4月1-26日で、買い付け価格は1株34万276円。こ れに対し、25日のガンホー株価終値は、3月末を基準に実施する1対10 の株式分割を考慮すると43万5000円。発表資料は追加取得につい て、14.5%を保有する3位株主が既に賛同していると説明。抜井氏によ ると、現在グループで所有している株式数が3分の1を超えているた め、TOBを実施する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE