米社債保証コスト上昇、キプロス問題の影響注視-CDS取引

25日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが上昇。キプロス はデフォルト(債務不履行)回避に向けた救済パッケージで国際債権団 と合意に達した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨーク 時間午後4時15分(日本時間26日午前5時15分)現在、0.7ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の91.1bp。

キプロスは100億ユーロ(約1兆2000億円)の金融支援と引き換え に国内銀行システムの縮小を受け入れた。キプロスは欧州中央銀行( ECB)、欧州連合(EU)の欧州委員会、国際通貨基金(IMF)と の間で無秩序なデフォルトとユーロ圏離脱という事態回避につながる合 意に達し、ユーロ圏財務相会合もこれを承認した。投資家は今回の合意 が他の高債務国に適用されるひな形となる可能性があると懸念してい る。

みずほセキュリティーズUSAの債券資本市場担当エグゼクティブ ディレクター、ティモシー・コックス氏(ニューヨーク在勤)は電話イ ンタビューで、「良いニュースだが、根底にあるのは今回の件がなお存 在するより大きな問題の小さな一例だということだ」と指摘。「これは 警報であり、投資家はキプロス情勢の直接の影響を注視している」と述 べた。

原題:U.S. Credit Swaps Rise; GE Capital Issues $1.4 Billion of Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE