ECB:キプロスからの緊急流動性支援の要請あれば反対せず

欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏 による100億ユーロ(約1兆2100億円)のキプロス救済合意を受け、キ プロス中銀による同国銀行セクターへの緊急融資供与を停止させないと の立場を明らかにした。

ECBは25日の声明で「政策委員会は現行規則に基づき、キプロス 中銀による緊急流動性支援の提供要請に反対しないことを決めた」と説 明し、引き続き状況を注視していく方針を示した。

アナスタシアディス大統領はキプロス救済の当初合意条件が議会で 否決されたことから1週間にわたり協議を続け、同国2位の銀行の閉鎖 と10万ユーロ超の預金への課税を盛り込んだ新たな合意を25日にまとめ た。ECBは新たな財源と同国銀行の支払い能力を確保する合意が25日 までに調印されなければ緊急流動性供給を停止する方針を示していた。

ECBの声明は新合意を「今後着実に実施することこそ、キプロス ができるだけ早期に金融市場へのアクセスを回復し成長を取り戻すため の鍵となる」と指摘した。

原題:ECB Says It Won’t Object to Cypriot Request for Emergency Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE