3月25日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ反落、キプロス合意も域内債券の安全性を疑問視

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで反落。4カ月ぶり の安値を付けた。キプロスの救済で合意したものの、ユーロ圏の債券や 預金の安全性をめぐり懸念が強まった。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長を務めるオランダのダ イセルブルーム財務相がキプロスの銀行の再編計画について、特殊なケ ースだと話したため、ユーロは下げ渋った。ロイター通信は同財務相が キプロスのケースはその他ユーロ圏諸国のひな型と見なされるべきだと 述べたと報じていた。

合意によると、キプロス2位の銀行キプロス・ポピュラー銀行が整 理され、保証対象外の預金と優先債保有者などの無担保債権はほぼ全額 が失われる見通し。最大手のキプロス銀行の保証対象外の預金者は最 大40%の損失負担が求められる。円は上げに転じる展開。日銀の黒田東 彦総裁は26日、衆院財務金融委員会で日銀報告の説明と金融政策に関し て質疑に応じる。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は「キプロスに関する懸 念は弱まったものの、ユーロをめぐる懸念は数多く残っている。ユーロ 圏はリセッション(景気後退)に陥ったままだ」と語った。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前営業日 比1.1%安の1ユーロ=1.2853ドル。一時は昨年11月22日以来の安値を 付けた。対円では1.4%下げて1ユーロ=121円04銭。円は対ドル で0.3%上昇し1ドル=94円17銭。

ECBは反対せず

欧州中央銀行(ECB)はキプロスから流動性支援の要請あれば反 対しないと表明した。

シリコン・バレー・バンクのシニア外国為替トレーダー、マーク・ ノーブル氏は電話インタビューで、「欧州の問題は金利が示すよりも根 が深く深刻だ。経済的にはまだ困難を脱しておらず、ユーロ圏周辺国に は障害があり、痛みはまだやってくるだろう」と述べた。

スペイン10年債利回りは4営業日ぶりに上げ、前週末比10ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.96%。イタリア10年債利回 りは10bp上昇の4.61%。

キプロスのニコラス・パパドプロス議員(金融委員会委員長)は 「ユーロ圏にとどまりたいが、現在はユーロ圏離脱の検討には一理あ る」と発言。「非常に深刻なリセッションに入り、成長見通しがない中 で高い失業率を経験するだろう。これらの問題を解決する他の方法があ るかどうか検証する必要がある」と続けた。

「多くの信頼が喪失」

UBSのシニア為替ストラテジスト、ジェフリー・ユー氏は電話イ ンタビューで、「市場が懸念を強めているのは多くの信頼が失われたと いう事実で、それが多くの参加者にユーロ圏に戻るのをちゅうちょさせ ている。前例が作られたため、現時点ではユーロの将来が懸念されてい る」と語った。

円は下落していたが、安全な逃避先としての需要が強まり、上げに 転じた。黒田総裁は21日夜、就任会見を行い、物価上昇率2%の目標に ついて「達成すべきであるし、達成できると確信している」と述べると ともに、「達成できるまで可能な限りあらゆる手段を講じていく」との 決意を示した。

スタンダードチャータード銀行の通貨調査世界責任者のカラム・ヘ ンダーソン氏(シンガポール在勤)は4月3-4日の「最初の政策決定 会合で黒田総裁が花火のような政策を打ち出すと予想している」と発 言。選択肢の一つとして、当初は2014年に開始するとしていた資産購入 の前倒しの発表を挙げた。そうなった場合、円は対ドルで第2四半期 に102円まで下がる可能性があるとの見方を示した。

原題:Euro Weakens to 4-Month Low on Cypriot Fallout; Yen Rallies(抜粋)

◎米国株:下落、キプロス支援で合意も銀行再編めぐり懸念広がる

米国株相場は下落。キプロスの銀行システム再編計画の影響で、他 の欧州諸国の預金で損失が生じる可能性があるとの懸念が広がった。 S&P500種株価指数は一時、過去最高値まで1ポイント以内の水準に 上昇する場面もあった。

テクストロンやキャタピラーなど産業株が安い。ブラックベリーも 下落。ゴールドマン・サックス・グループによる投資判断引き下げが嫌 気された。一方、デルは上昇。同社は、米投資会社ブラックストーン・ グループと資産家カール・アイカーン氏から買収提案をそれぞれ受けた ことを明らかにした。

S&P500種株価指数は前週末比0.3%安の1551.69。ダウ工業株30 種平均は64.28ドル(0.4%)下げて14447.75ドル。

ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクの投資戦略担当マネジ ングディレクター、ロン・フロランス氏は電話取材に対し、「北米と欧 州の双方で、重要な政策決定を下さなければならない状況にある」と し、「政策面での不手際が深刻だと、事態は本当に厳しい。先週の協議 では非常にひどい決定がなされた。解決はしたが、そうした状況は常に 市場を神経質にさせる」と続けた。

キプロスは100億ユーロ(約1兆2300億円)の金融支援と引き換え に、支援国などから求められた国内銀行システムの縮小を受け入れた。 これを好感し、米国株は朝方上昇していた。

ユーロ圏の銀行

その後、オランダのダイセルブルーム財務相がキプロスの銀行の再 編計画はユーロ圏の他の国のひな型と見なされるべきだと述べた、とロ イター通信が報道。これを手掛かりに株価は下落に転じた。

キプロス不安やユーロ圏の低調な経済指標を受けS&P500種は先 週0.2%安と、2週連続での下落となった。年初来では依然8.8%上げて おり、この日は07年10月に付けた最高値1565.15まであと1ポイント以 内という水準に上昇した。ダウ平均は先週、日中ベースでの最高値を更 新した。

リッジワース・キャピタル・マネジメントのシニアストラテジス ト、アラン・ゲイル氏は電話取材で、「これまでの最高値を上抜けるに は、かなりポジティブなニュースが必要になるだろう」と述べた。

S&P500種は2009年の底値の2倍を上回り、米株式の強気相場は 今月、5年目に突入した。量的緩和策を背景に株価が上昇した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長はこの日、先進 諸国の低金利政策は総需要を喚起するもので、通貨安を通じた破壊的な 貿易の転換をもたらしてはいないとの認識を示した。またニューヨーク 連銀のダドリー総裁は、労働市場の回復ペースは鈍化しており、「非常 に緩和的」な政策維持の正当性を示していると指摘した。

10業種全て下落

S&P500種の業種別10指数は全て下落。産業株や素材株の指数が 特に大きく下げた。テクストロンは3.5%安の29.69ドル。キャタピラー は1%下げて86.64ドル。

ブラックベリーは4.6%安の14.23ドル。ゴールドマン・サックス は、ブラックベリーの投資判断を「ニュートラル(中立)」とし、従来 の「買い」から引き下げた。

デルは2.6%高の14.51ドルだった。同社発表によると、最大58.1% の同社株に対する提示額はブラックストーンが1株当たり14.25ドル 超。アイカーン氏の案では1株当たり15ドルの現金を支払う内容。

原題:U.S. Stocks Decline as Optimism Fades After Cyprus Agreement(抜粋)

◎米国債:利回り約1週間ぶり低水準、キプロス救済めぐり懸念

25日の米国債市場は10年債利回りが約1週間ぶりの低水準をつけ た。キプロスの破綻回避を目指した救済策の合意がユーロ圏の長期的な 金融安定を損ねる可能性があるとの懸念が背景にある。

キプロスのニコラス・パパドプロス議員は同国のユーロ圏離脱につ いて検討する必要があると発言した。発言後、10年債は下げを埋めた。 キプロスは国内2位の銀行の整理などに合意した。債券保有者に大幅な 負担を強いることになる。米財務省は26日、2年債(350億ドル)の入 札を実施する。

バンク・オブ・ノバスコシアの金利ストラテジスト、ガイ・ヘーゼ ルマン氏(ニューヨーク在勤)は「政策上の過ちがあった。それによっ ていろいろな問題が明らかになり、安全への逃避需要を支えた」と述 べ、「欧州がキプロスのような小さな問題を滞りなく処理できる能力が なければ、これ以上大きな問題が起きたらどのように対応できるのだろ うか」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りはほぼ変わらずの1.92%。利回りは一時、 5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げて1.97%と、15日以 来の高水準をつけたが、1.8938%まで下げた場面もあった。19日に は1.8905%と、5日以来の低水準だった。10年債(表面利率2%、2023 年2月償還)価格は1/32上昇の100 22/32。

当局による債券購入

ニューヨーク連銀は2036年2月-43年2月に償還を迎える14億6000 万ドル相当の米国債を購入した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は米 国債と住宅ローン担保証券(MBS)を月850億ドル購入する方針を示 している。先週の会合では労働市場が大幅に回復するまで継続する方針 を示した。

バンク・オブ・モントリオール傘下BMOキャピタル・マーケッツ の政府債トレーディング責任者、スコット・グレアム氏(シカゴ在勤) 氏は、「欧州からの雑音が多く、それが国債買いにつながっている。さ らに金融当局が継続してハト派的な姿勢を示していることも影響してい る」と述べた上で、「最終的には経済統計が相場を左右し、利回りは上 昇するだろう」と続けた。

29日に発表される2月の米個人消費は前月比で0.6%増が予想され ている。

キプロス救済

キプロスは欧州中央銀行(ECB)、欧州連合(EU)の欧州委員 会、国際通貨基金(IMF)の3者、いわゆるトロイカと支援条件の大 枠に同意、同国への100億ユーロの救済融資の道が開かれた。

合意内容の一環としてキプロスはキプロス・ポピュラー銀行の整理 に同意。保証対象外の預金と優先債保有者などの無担保債権はほぼ全額 が失われる見通しだ。EUの預金保証の上限である10万ユーロより少額 の預金は全額保護される。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のビル・グロース氏はツイッターで、「キプロスのヘアカットはただ1 つのことを証明した。つまり成長なくしてはEUの高債務国は最終的に は同じような運命に苦しむことになるということだ」と述べた。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによる と、月間ベースの米国債リターンは0.1%のマイナス、年初来では0.5% のマイナスとなっている。

米財務省は週内に計990億ドルの入札を実施する。27日は5年債 (350億ドル)、28日には7年債(290億ドル)となっている。

原題:Treasury Yields Touch Almost Week Low as Cyprus Optimism Eases(抜粋)

◎NY金:続落、キプロス救済合意で-逃避需要が減退

ニューヨーク金先物相場は続落。キプロスが救済パッケージで合意 したことから、逃避資産としての金買いが鈍った。

キプロスは100億ユーロの金融支援と引き換えに支援国などから求 められた国内銀行システムの縮小を受け入れた。欧州危機が深刻化する との懸念を背景に、金は先週1%値上がりしていた。商品24銘柄で構成 するS&PのGSCI指数はこの日、一時1.1%上昇した。

TDセキュリティーズのバイスプレジデント、スティーブ・スカカ ロシ氏は電子メールで「昨夜のキプロスのニュースを受けて、リスク選 好の動きが戻っている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前週末比0.1%安の1オンス=1606.50ドルで終了。一時 は1590.40ドルと、中心限月としては18日以来の安値をつけた。

原題:Gold Falls to One-Week Low as Cyprus Accord Damps Haven Demand(抜粋)

◎NY原油:続伸、1カ月ぶり高値-キプロス救済合意を好感

ニューヨーク原油先物相場は続伸。1カ月ぶりの高値をつけた。 キプロスが金融支援に関して債権団と合意したことを背景に、欧州債 務危機が深刻化するとの懸念が和らいだ。

キプロスは欧州中央銀行(ECB)、欧州連合(EU)の欧州委 員会、国際通貨基金(IMF)のいわゆるトロイカと支援条件の大枠 に関して合意した。今回の銀行再編計画は欧州のひな形として見なさ れるべきだとする欧州当局者の発言が伝わると、原油はこの日の高値 から水準を切り下げた。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェ イソン・シェンカー社長は「今回の計画で欧州の見通しは著しく改善 した」と指摘。「キプロスのデフォルト(債務不履行)に関する不安 が先週は市場の重しになっていた。今回の解決策は大きな安心材料だ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前週 末比1.10ドル(1.17%)高の1バレル=94.81ドルで終了。終値 では先月19日以来の高値となった。

原題:WTI Oil Rises to One-Month High on Cyprus; Brent Spread Narrows(抜粋)

◎欧州株:3日続落、キプロス合意後の楽観は後退-銀行株が安い

25日の欧州株式相場は下落。指標のストックス欧州600指数は 3営業日続落となった。銀行システムの縮小を条件とするキプロス救 済策が他のユーロ参加国にとって前例になるとの趣旨の発言をユーロ 圏財務相会合(ユーログループ)のダイセルブルーム議長が行ったと ロイター通信が伝えた。

イタリアの銀行、インテーザ・サンパオロとバンコ・ポポラーレ、 ウニクレディトを中心に銀行株が安い。スイスの太陽光発電機器メー カー、マイヤー・ブルガー・テクノロジーは5%安。既存株主を対象 にした新株発行計画が嫌気された。一方、英携帯電話サービス会社ボ ーダフォン・グループは2%上昇。米ベライゾン・コミュニケーショ ンズとの合弁事業の株式を1350億ドルで売却するとの報道が買い材 料。

ストックス欧州600指数は前週末比0.3%安の293.25で終了。 日中は1%上げる場面もあったが、オランダ財務相でもあるダイセル ブルーム議長の発言が報じられると下げに転じた。年初来では依然

4.9%上げている。

クッツ(チューリヒ)のノーマン・ビラミン最高投資責任者 (CIO、欧州担当)はリポートで、「キプロス救済合意でユーロ圏 分裂はぎりぎり回避された」と指摘した上で、「経済成長の欠落に加 え、より広範な資本強化と銀行問題の解決が前進していない状況は主 要問題として残っているため、ユーロ圏はストレスの再発に対して脆 弱(ぜいじゃく)なままとなっている」と語った。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州600 指数の構成銘柄の売買高は30日平均を21%上回った。キプロスは、 100億ユーロ規模の金融支援と引き換えに国内銀行システムを縮小す ることで同意した。

この日の西欧市場では、17カ国中13カ国で主要株価指数が下落。 イタリアのFTSE・MIB指数は2.5%安。ギリシャとキプロス市 場は休場。

原題:European Stocks Drop for Third Day as Cyprus-Deal Optimism Wanes(抜粋)

◎欧州債:スペイン債下落、キプロス懸念根強く-英独債は上昇

25日の欧州債市場ではスペイン国債相場が下落。10年債利回 りはほぼ4週間ぶりの大幅上昇となった。キプロスが救済の大筋で 国際債権団と合意したものの、同国の金融危機を封じ込められると 投資家を説得するには至らなかった。

イタリア国債は4営業日ぶりに下落。ユーロ圏財務相会合(ユ ーログループ)議長を務めるオランダのダイセルブルーム財務相が キプロスの銀行の再編計画はその他ユーロ圏諸国のひな型と見なさ れるべきだと述べたと、ロイター通信が報じたことが手掛かり。キ プロスのニコラス・パパドプロス議員は、同国のユーロ圏離脱につ いて検討する必要があると発言。域内で最も安全とされるドイツ国 債を求める動きが高まり、同国債は上昇した。

ダンスケ銀行のアナリスト、オーウェン・カラン氏(ロンドン 在勤)は「保険さえ持たない預金者が将来に起こり得る銀行救済を 負担する公算が大きい極めてぶしつけな提案だ」と発言。「スペイ ンとイタリアの国債は売られた一方、ドイツ国債が買われた。キプ ロスが実際のところ例外措置ではないことを示唆しているためだ」 と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前週末 比10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.96%。 終値としては先月26日以降で最大の上げ。同国債(表面利率

5.4%、2023年1月償還)価格はこの日、0.82下げ103.35。 同年限のイタリア国債利回りも10bp上げて4.61%。

キプロスといわゆるトロイカは100億ユーロ規模の救済融資に ついて合意し、同国は無秩序なデフォルト(債務不履行)に陥るこ とを回避した。徹夜の交渉の末、キプロスのアナスタシアディス大 統領はドイツが率いる債権団の圧力を受けて、国内2位の銀行を整 理することで同意した。

ドイツ10年債利回りは前週末比5bp低下の1.33%。これ は1月2日以来の低水準。

英国債相場も堅調。10年債利回りは4bp下げ1.82%。一時 は1.81%と、昨年12月31日以来の低水準を付けた。同国債 (表面利率1.75%、2022年9月償還)価格は0.31上げ

99.425となった。

原題:Spanish Bonds Slide on Cyprus Deal Concern as German Bunds Rise(抜粋) Pound Rises to Six-Week High Against Euro on Cyprus; Gilts Gain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE