3月25日の米国マーケットサマリー:ユーロ下落、域内懸念残る

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2857   1.2989
ドル/円             94.13    94.46
ユーロ/円          121.02   122.73


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種     14,447.75    -64.28     -.4%
S&P500種         1,551.70     -5.19     -.3%
ナスダック総合指数  3,235.30     -9.70     -.3%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .24%        -.01
米国債10年物     1.92%       -.01
米国債30年物     3.14%       .00


商品 (中心限月)            終値    前営業日比  変化率
COMEX金(ドル/オンス) 1,606.50   -1.50   -.09%
原油先物   (ドル/バレル)    94.54    +.83   +.89%

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで反落。4カ月ぶり の安値を付けた。キプロスの救済で合意したものの、ユーロ圏の債券や 預金の安全性をめぐり懸念が強まった。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長を務めるオランダのダ イセルブルーム財務相がキプロスの銀行の再編計画について、特殊なケ ースだと話したため、ユーロは下げ渋った。ロイター通信は同財務相が キプロスのケースはその他ユーロ圏諸国のひな型と見なされるべきだと 述べたと報じていた。

合意によると、キプロス2位の銀行キプロス・ポピュラー銀行が整 理され、保証対象外の預金と優先債保有者などの無担保債権はほぼ全額 が失われる見通し。最大手のキプロス銀行の保証対象外の預金者は最 大40%の損失負担が求められる。円は上げに転じる展開。日銀の黒田東 彦総裁は26日、衆院財務金融委員会で日銀報告の説明と金融政策に関し て質疑に応じる。

チャプデラインのマネジングディレクター兼外国為替責任者、ダ グ・ボースウィック氏は「ダイセルブルーム財務相のコメントがリスク 回避の雰囲気を作り出し、市場を席巻している。市場の不安はあまり取 り除かれていない」と指摘した。

ニューヨーク時間午後2時31分現在、ユーロは対ドルで前営業日 比0.9%安の1ユーロ=1.2870ドル。一時は昨年11月22日以来の安値を 付けた。対円では1.4%下げて1ユーロ=121円04銭。円は対ドル で0.4%上昇し1ドル=94円04銭。

◎米国株式市場

米国株相場は下落。キプロスの銀行システム再編計画の影響で、他 の欧州諸国の預金で損失が生じる可能性があるとの懸念が広がった。 S&P500種株価指数は一時、過去最高値まで1ポイント以内の水準に 上昇する場面もあった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前週末比0.3%安の1551.69。ダウ工業株30種平均は64.28ドル (0.4%)下げて14447.75ドル。

ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクの投資戦略担当マネジ ングディレクター、ロン・フロランス氏は電話取材に対し、「北米と欧 州の双方で、重要な政策決定を下さなければならない状況にある」と し、「政策面での不手際が深刻だと、事態は本当に厳しい。先週の協議 では非常にひどい決定がなされた。解決はしたが、そうした状況は常に 市場を神経質にさせる」と続けた。

キプロスは100億ユーロ(約1兆2300億円)の金融支援と引き換え に支援国などから求められた国内銀行システムの縮小を受け入れた。こ れを好感し、米国株は朝方上昇していた。

◎米国債市場

25日の米国債は上昇。キプロスの破たん回避を目指した救済策の合 意がユーロ圏の長期的な金融安定を損ねる可能性があるとの懸念が背景 にある。

10年債利回りは低下。キプロスの議員が同国のユーロ圏離脱につい て検討する必要があると発言したことに反応した。キプロスは国内2位 の銀行を整理し、債券保有者にも大幅な負担を強いることに同意した。 米財務省は26日、2年債(350億ドル)の入札を実施する。

バンク・オブ・ノバスコシアの金利ストラテジスト、ガイ・ヘーゼ ルマン氏(ニューヨーク在勤)は「政策上の過ちがあった。それによっ ていろいろな問題が明らかになり、安全性の需要を支えた」と述べ、 「欧州がキプロスのような小さな問題を滞りなく処理できる能力がなけ れば、これ以上大きな問題が起きたらどのように対応できるのだろう か」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後1時58分現在、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)下げて1.92%。10年債(表面利率2%、2023年2月償還)価 格は2/32上昇の100 23/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は続落。キプロスが救済パッケージで合意 したことから、逃避資産としての金買いが鈍った。

キプロスは100億ユーロの金融支援と引き換えに支援国などから求 められた国内銀行システムの縮小を受け入れた。欧州危機が深刻化する との懸念を背景に、金は先週1%値上がりしていた。商品24銘柄で構成 するS&PのGSCI指数はこの日、一時1.1%上昇した。

TDセキュリティーズのバイスプレジデント、スティーブ・スカカ ロシ氏は電子メールで「昨夜のキプロスのニュースを受けて、リスク選 好の動きが戻っている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前週末比0.1%安の1オンス=1606.50ドルで終了。一時 は1590.40ドルと、中心限月としては18日以来の安値をつけた。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は続伸。1カ月ぶりの高値をつけた。キ プロスが金融支援に関して債権団と合意したことを背景に、欧州債務危 機が深刻化するとの懸念が和らいだ。

キプロスは欧州中央銀行(ECB)、欧州連合(EU)の欧州委員 会、国際通貨基金(IMF)のいわゆるトロイカと支援条件の大枠に関 して合意した。今回の銀行再編計画は欧州のひな形として見なされるべ きだとする欧州当局者の発言が伝わると、原油はこの日の高値から水準 を切り下げた。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェイ ソン・シェンカー社長は「今回の計画で欧州の見通しは著しく改善し た」と指摘。「キプロスのデフォルト(債務不履行)に関する不安が先 週は市場の重しになっていた。今回の解決策は大きな安心材料だ」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前週末 比1.10ドル(1.17%)高の1バレル=94.81ドルで終了。終値では先 月19日以来の高値となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE