NY原油:続伸、1カ月ぶり高値-キプロス救済合意を好感

ニューヨーク原油先物相場は続伸。 1カ月ぶりの高値をつけた。キプロスが金融支援に関して債権団と合意 したことを背景に、欧州債務危機が深刻化するとの懸念が和らいだ。

キプロスは欧州中央銀行(ECB)、欧州連合(EU)の欧州委員

会、国際通貨基金(IMF)のいわゆるトロイカと支援条件の大枠 に関して合意した。今回の銀行再編計画は欧州のひな形として見なされ るべきだとする欧州当局者の発言が伝わると、原油はこの日の高値から 水準を切り下げた。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェイ ソン・シェンカー社長は「今回の計画で欧州の見通しは著しく改善し た」と指摘。「キプロスのデフォルト(債務不履行)に関する不安が先 週は市場の重しになっていた。今回の解決策は大きな安心材料だ」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前週末 比1.10ドル(1.17%)高の1バレル=94.81ドルで終了。終値では先 月19日以来の高値となった。

原題:WTI Oil Rises to One-Month High on Cyprus; Brent Spread Narrows(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Wael Mahdi、Fiona MacDonald.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE