ロシアは「敗者」-キプロス救済合意でBOAが評価引き下げ

バンク・オブ・アメリカ(BOA) メリルリンチは投資先としてのロシアの評価を「マーケットウエート」 に引き下げた。キプロス救済合意での「敗者」がロシアだとしている。

BOAのストラテジストらは「世界各国がキプロス救済策を歓迎す る中、大規模なヘアカットと10万ユーロ超の預金凍結はロシアにとって 当初のキプロス救済案よりも明らかに悪い内容だ」と電子メールで配布 した25日付リポートで述べた。

キプロスのアナスタシアディス大統領はユーロ圏諸国からの圧力を 受け、国内2位の銀行キプロス・ポピュラー銀行の整理に同意。当初の キプロス救済策ではすべての預金への課税が提案されたが、キプロス議 会がこれを否決していた。今回合意された修正後の救済策は10万ユーロ までの預金は全額保護される。

BOAは救済策の効果次第では第2四半期にロシアに対して「一段 と強気な」見方を示す可能性があると指摘した。その上で、世界の新興 市場国の中でアナリストが選好するのはトルコだと述べた。

原題:Russia Cut at Bank of America, ‘Net Loser’ From Cyprus Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE