キプロス救済合意、「破綻よりは良い」-バルニエ欧州委員

欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会のバルニエ委員(域内市場・金融サービス担当)は、100億 ユーロ(約1兆2000億円)のキプロス向け支援に関する合意は、「破綻 よりは良い」と述べた。

バルニエ委員は25日ブリュッセルで、救済によりキプロス国民は全 てを失わずに済んだと指摘した。キプロスは金融支援と引き換えに、支 援国側が求めた国内銀行システムの縮小を受け入れ、無秩序なデフォル ト(債務不履行)とユーロ圏離脱という事態を免れた。

銀行再開時の預金流出の防止を目的とした資本規制と10万ユーロを 超える銀行預金者の損失について同委員は、キプロスの状況は「例外 的」であり、「他のどの国にも見られないもの」だと強調した。また、 資本規制が実施されるのはほんの数日間かもしれないと述べた。EU法 は資本規制を実施できる最長期間を定めてはいない。

バルニエ委員は、資本規制をいつまで続けるかは「キプロスが決め ることだ」とした上で、「何日間か私には言えないが、一時的なもので なければならない」と付け加えた。

原題:Cypriot Rescue Deal ‘Better Than Bankruptcy,’ Barnier Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE