アジア・太平洋株式サマリー:香港株が反発、中国・インド株は下落

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は反発。一部企業の決算が好感された上、キプロスの 救済合意が材料となった。ハンセン指数は先週、週間ベースで2週連続 で下落していた。

中国石油化工(SINOPEC、386 HK)は2.7%高。2012年の年 間利益がアナリスト予想を上回った。市場予想を上回る昨年10-12月利 益となった中国建設銀行(939 HK)も2.3%高。

中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は4.2%高。未来資産証券な どが投資判断を引き上げた。住宅建設のグリーンタウン・チャイナ・ホ ールディングス(緑城中国、3900 HK)は10%上昇。通期純利益が88% 増加したことを明らかにした。

一方で中国最大の建材メーカー、中国建材(3323 HK)は5.5%安。 DBSビッカーズ・セキュリティーズの投資判断引き下げが響いた。

ハンセン指数は前週末比135.85ポイント(0.6%)高の22251.15。 ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.8%高の10978.00で終了した。

プリンシパル・グローバル・インベスターズで運用に携わるビナ イ・チャンゴシア氏(香港在勤)はブルームバーグテレビジョンで、 「キプロスとトロイカの間で最終的に合意が得られたことで、アジアの 投資家は域内の問題に一段と専念できる」と指摘した。

【中国株式市況】

中国株式相場は反落。中国建設銀行の決算は利益が市場予想を上回 ったが、通信関連株の下げが響いた。上海総合指数は先週末には約2週 間ぶり高値を付けていた。

通信機器メーカーのZTE(中興通訊、000063 CH)は4.7%安。通 信関連株は、年初からの上昇が行き過ぎだったとの懸念から続落した。 中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は市場予想を上回る利益 を発表したにもかかわらず、1.6%下落。先週末は約1年1カ月ぶり高 値だった。

中国建設銀行(601939 CH)は1.7%高と、約1カ月ぶり高値。需要 増加見通しを手掛かりに、鉄鋼会社の内蒙古包鋼鋼聯(600010 CH) は9.9%高、重慶鋼鉄(601005 CH)は7%上昇した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は前週末比1.56ポイント(0.1%)安の2326.72で終 了。同指数は先週末までの4営業日で計3.9%上昇し、22日には6日以 来となる高値で引けていた。上海、深圳両証取のA株に連動する CSI300指数は前週末比0.2%安の2613.10。

東呉証券の鄧文淵アナリストは電話取材に対し「投資家は一休みし ている。4日続伸の後で推進力となる材料が不足していた。他の企業の 決算発表を待っている状況でもある」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のセンセックス30種指数は4カ月ぶ り安値を付けた。シン政権を支える連立パートナーの1党が10月の選挙 を要望したことから、前倒し選挙への懸念が高まった。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前週末 比54.18ポイント(0.3%)安の18681.42。終値としては昨年11月26日以 来の安値となった。同指数のボラティリティー指数(30日ベース) は13.6と、昨年10月以来の高水準に接近。ナショナル証取のCNXニフ ティ指数も0.3%下げ5633.85で引けた。

インド最大の銀行、インドステイト銀行は1.2%安。一時は2%上 昇した。エンジニアリングで国内最大手のラーセン・アンド・トゥブロ と、製鉄最大手のタタ・スチールはそれぞれ2.3%下げた。

社会党(SP)のムラヤム・シン・ヤダブ党首の子息であるアキレ シュ・ヤダブ氏は24日にテレビ局とのインタビューで、同党はいつでも 選挙を受け入れる準備があり、議会選挙が10月に行われるのが望ましい と語った。アキレシュ氏は人口最多のウッタルプラデシュ州の知事を務 めており、社会党はシン政権に協力している。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比22.93ポイント(0.5%)高の4990.20。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比28.96ポイント(1.5%)高 の1977.67。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比59.90ポイント(0.8%)高の7856.12。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE