ロシア:キプロス救済の容認示唆、大統領が融資再交渉命じる

ロシアのプーチン大統領は、キプロ スの国際的な救済に関する合意を受け入れる意向を示唆した。先の救済 計画については先週、「不公平、プロとして失格、危険」と強く批判し ていた。

プーチン大統領は25日、ロシアが2011年12月にキプロスに供与し た25億ユーロ(約3030億円)の融資の再編について、キプロス当局者と 交渉を開始するよう政府に命じた。大統領府のペスコフ報道官が電話で 述べた。また、キプロスが求めた条件は10%の債務減免に相当するもの だと、ロシアのシルアノフ財務相がこの日明らかにした。

ペスコフ報道官は「ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の決定 を考慮し、プーチン大統領はキプロスの経済、金融および銀行業界の危 機の克服を目指したキプロス大統領と欧州連合(EU)欧州委員会の取 り組みを支援することが可能だと判断した」と説明した。

24日夜から徹夜協議の末にまとまったキプロス救済パッケージの合 意を尊重し、プーチン大統領はキプロス金融業界再編の結果としての銀 行預金者の損失受け入れはやむを得ないと判断しつつあるようだ。

キプロスは100億ユーロの救済パッケージの一環として預金者に損 失が及ぶ銀行再編計画に合意したが、格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスの見積もりによれば、ロシア企業と個人はキプロス に約310億ドル(約2兆9200億円)の預金を持つ。

元ロシア金融市場監督当局責任者でMDM銀行会長のオレグ・ビュ ーギン氏は「ロシアは状況が明瞭になり次第、融資の再編に応じる用意 がある。その条件が整ったようだ」と述べた。

期限延長など要請

キプロス財務省が1月に明らかにしたところによると、同国は25億 ユーロの融資の期限を5年延長し2021年とすることを要請した。50億ユ ーロの追加融資も求めた。

シルアノフ財務相は既存融資の期限を5年延長し金利を4.5%か ら2.5%に引き下げるのは、キプロスへの「十分な支援」に当たるだろ うと南アフリカ共和国のダーバンで記者団に述べた。銀行の営業をでき る限り早期に再開するとともに、機能している銀行に対する資本規制を 避けるよう呼び掛けた。

また、ロシアのシュワロフ第1副首相はこの日、「われわれはキプ ロスの展開を注意深く見守っている」と述べた。

メドベージェフ露首相は25日モスクワ郊外での会議で、預金者に損 失を負わせるキプロスの計画について「彼らは他人の財産の収奪を続け ていると思う」とした上で、最新のキプロス合意の影響を査定している と述べていた。

原題:Putin Warms to Cyprus Rescue With Order to Renegotiate Loan (1)(抜粋)

--取材協力:Rebecca Christie、Marina Sysoyeva.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE